So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2011/05/01 [つぶやき]


人生の模索 [そこに正義はあるか]

 東日本大震災から51日。東電幹部たちの情けない事故対応、惨めな謝罪会見がニュースから流れる。一方、原発で働く下請け会社の作業員たちは、これまでの恩義に報いるため命がけで復旧作業にあたる人、原発を捨て新たな人生の模索を始めた人。思いも行動も人それぞれだ。私ならどちらを選択するだろう。間違いなく前者の立場をとるだろう。

 不本意ながら、私自身も原発で働く作業員と同じような境遇になる可能性がある。百害あって一利なしといわれるパチンコ産業に20年以上従事しているからだ。先日も私自身が会議のために月に一度は訪れる社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協)へ在日特権を許さない市民の会(在特会)の人たちがパチンコ業界にたいする申入れ書を提出しにきたようだ。日本人である私は在特会の活動目的に賛同する。しかし、お世話になった業界へも恩義がある。また、この先の人生、今までとちがう道を模索するつもりもない。西南戦争での西郷隆盛がごとく、心を置き去りに、恩義のために戦わなければならない日が来るかもしれない。

 すべての不条理の原因は戦後政治にある。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Twitterまとめ投稿 2011/05/03 [つぶやき]

  • motton_linx21motton_linx21君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。05/02 11:11

営利の代償 [そこに正義はあるか]

焼肉レストランでユッケ(生肉)を食べた子供が食中毒で亡くなった。事件の会見では加害者となった店舗の経営者が「法律でユッケ(生肉)を規制しろ」とまで言って開き直っている。外食産業のレベルも所詮はこの程度なのだろう。

参入障壁の低い外食産業は金儲け目当てで本業の傍ら安易に異業種より参入するバカな経営者も多い。参入障壁が低い分、熾烈な競争があることや、お客を相手に商売するサービス業の厳しさはあまり考えないのだろう。

しかし、ミシュランガイドでの星数が本国フランスを越えたことでも証明されたように日本は世界一安全な美食大国である。流行りや金儲け目当てで外食産業に参入する人が多い一方で、日本の食文化を支えている本物の職人がたくさんいるのも確かだ。彼らは味や伝統を守りながら、日々、技術やサービスを磨き続けている。

数日前、フェイスブックで懐かしい顔を見つけた。クラスメートだった彼は高二の春、中華料理のコックを目指すため高校を退学すると決めていた。私は友人と3人で「一緒に卒業しようや」と自宅まで行き必死に引き留めたが、彼の意志は固かった。あれから25年、彼は大阪を離れ、名古屋で中華料理店をやっているという。あの日からずっと中華の道を貫いてる彼のことを私は本物だと思った。そして、とても嬉しい気持ちになった。

彼も当然いろいろな苦労をしてきたことだろう。しかし、先の外食産業の経営者のように営利のため料理人のプライドを棄てたことはないだろうと思う。彼のような日本人がいるかぎり、いかなる国難に遭おうとも、日本の日本らしさは無くなることはない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Twitterまとめ投稿 2011/05/04 [つぶやき]


将来の夢 [そこに正義はあるか]

子供のころは、おもちゃとテレビ、そして歌と絵が好きだったな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

クールジャパン [そこに正義はあるか]

 現在世界では空前の日本ブームが巻き起こっている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Twitterまとめ投稿 2011/05/06 [つぶやき]