So-net無料ブログ作成
検索選択

きのねきのみき2 [そこに正義はあるか]

 近頃よくリーダーとしての生き方、在り方について考えている。リーダーシップの形は多様だが、きっと自分らしいリーダーシップの形があるはずだ。

 以前このブログに「きのねきのみき」という記事を書きましたが、それ以来私の思考は深みにはまり続けてきた。それは木という植物を擬人化してリーダーシップを考えているといろいろな教訓が見えてきたからだ。

 一つ目の教訓は、リーダーの行動です。木の根のように地面の下の見えないところでの活動が重要であるということ。

 二つ目は、覚悟です。この場所に咲くと決めたなら死ぬまで動かないということ。

 三つ目は、忍耐です。桜のように一年に一度花を咲かすにも、害虫などの外敵から身を守りながら風雪に耐え、厳しい暑さ、寒さを1年間乗り越えなければなりません。じっと我慢して、時を待つのも大切なことなんです。

 他にも木から学ぶことはまだまだたくさんあると思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Twitterまとめ投稿 2011/03/06 [つぶやき]


前原外相、辞意固める [NEWS]

 今回の件で首相公邸まで辞意を告げに来た前原外務大臣に対し、菅首相は「私が守る」と留保するよう促したという。テレビのコメンテーターなどは予想通り「額が少ない」だとか「法律の趣旨には反していない」だとか言いながら、最終的には伝家の宝刀「人種差別」を楯に擁護するシーンが多く見られた。法治国家日本において法律で裁き、裁かれるのは当然のことだ。多少の同情はあって然るべしだが、声を荒げてまで人種差別だという人の気が知れない。法律と言うのはそもそも公正なものなので、政治家であろうが庶民であろうが、マイノリティーであろうがマジョリティーであろうがそんなことは一切関係ない。
 多少の迷いはあったかも知れないが、最終的には固く辞意を表明した前原前外務大臣の判断は、何も特別でない普通の判断だが、近頃の政治家にしては潔く男らしい判断だったと思う。しかし、法律を無視してまで「私が守る」といった菅首相。「おばちゃんは税金をちゃんと払っている」と自民党議員に血相を変えて吠えていた鳥越というコメンテーターのおっさんは異常としか言いようがない。他にもいろいろあるのだろうが、とりあえずの落としどころを「中学生のときから知っている在日韓国人の焼肉屋のおばちゃんからの献金」としたところにこの事件の深い闇を感じる。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

D-snap [お気に入り]

image.jpg 久々に新幹線で移動している。今日は東京へ出張だがとんぼ帰りだ。大阪から東京までの片道2時間30分、往復5時間をどう過ごそうか考えた結果、数年前に購入したパナソニックのD-snapで音楽鑑賞することにした。ポータブルミュージックプレイヤーの分野でパナソニックはapple、SONYに敗戦し数年前撤退したようだ。

 お気に入りのダークブルーのD-snapに内臓される4GBのSDカードには浜田省吾、尾崎豊、KAN、そして杉山清貴のアルバムが目一杯記録されている。本日、爽やか好青年気取りの私は杉山清貴で行くとしよう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Twitterまとめ投稿 2011/03/09 [つぶやき]


Twitterまとめ投稿 2011/03/10 [つぶやき]

  • motton_linx21motton_linx21ほんまにビックリです。民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」韓国議員と共同宣言 会見まで 先月末 - MSN産経ニュース http://t.co/wNhRACr03/09 18:28

大地震大津波 [そこに正義はあるか]

次々と被災地の悲惨な状況がTVニュースから伝えられている。福島の友人の無事は確認できたが、まち全体の停電は未だ続いているそうだ。東北、関東地方に住んでいる他の知人や友人のことも心配になる。

今回の地震、津波による一次被害は想像を絶する甚大さだが、家族・親族との離別やコミュニティの崩壊などによる精神不安、社会不安も計り知れない程大きくなっていくだろう。今後は社会秩序や治安の維持も大切になってくる。

また、この後起こると予想される企業の倒産など、三次、四次の社会的被害も深刻となるだろう。果たして現在の民主党政治は最善の対処、対応が出来るのだろうか。

先ほど原発の放射線被害に対する政府方針が発表された。「国民の健康を守る体制を取りたい」だそうだ。どこかで聞いた偽物マニフェストみたいだが、その意味を深く考えてみれば危機感をまったく感じていないことがうかがえる。こういうところに信念無き民主党の無責任さが見えてくる。

党内外で政局一辺倒のところへ今回の災害。民主党執行部の連中は混沌とした国会運営の最中、今回の件で逆に安堵感を持ったんじゃないかと疑ってしまう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog