So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2010/10/03 [つぶやき]

  • motton_linx21motton_linx21元凶は カネでカネ産む 資本主義 歴史に学べ 経済不況

Twitterまとめ投稿 2010/10/04 [つぶやき]


運動会の意義 [子供・地域・PTA]

 昨日は南小学校の運動会でした。開会時は快晴だったのですが、天気予報によると午後からの降水確率が非常に高かったため、急遽、個人種目やメインプログラムの組立体操を午前中に移した雨天用プログラムに変更し、開催することになりました。

 私はPTA会長の挨拶で、「早朝からたくさんのお父さんがゴザを持って場所取りに並んでいました。お母さんも朝早くからお弁当を作っていたと思います。普段はガミガミ怒ってばかりいるお母さんも、ゴロゴロしてタバコばかり吸っているお父さんも、運動会で君たちが頑張っている姿を見たくて見たくてしょうがないんです。君たちがお父さんお母さんを大好きなように、お父さんお母さんも君たちのことが大好きなんです。日本ではこのことを”親愛の情”といいます。この気持ちを忘れないでください」と話しました。

 後半は多少小雨がぱらついたものの、午前中のプログラムは無事すべて終わり、昼食の時間になりました。相変わらず小雨がぱらついていたため、学校側が校舎、体育館を開放してくれました。そして昼食の途中「午後からのプログラムは中止します。」とアナウンスが入りました。残念ですが天候のせいなので仕方ないことです。しかし、木の下や、校舎、体育館内にはおじいさん、おばあさん、お父さん、お母さんと楽しくお弁当を食べる子どもたちの笑顔があふれていました。

 笠間副会長のおじいさんおばあさんも孫たちを見るため(いや一緒にお弁当を食べるため?)に岸和田からわざわざ来てくれていました。そのような家族が他にもたくさんいました。地域とのお付き合いも希薄化し、すっかり核家族化した現代社会ですが、南小学校の運動会だけは親子三世代、そしてご近所さんまでもが垣根無しにふれあえます。運動会は本当に貴重な機会です。私はここに運動会の大きな意義があると感じました。

小沢氏「強制起訴」 [NEWS]


民主党の小沢一郎元幹事長は4日午後、国会近くの個人事務所で平野博文前官房長官と会談した。

東京第5検察審査会の起訴議決についてこのような会話が取り交わされたらしい。

 平野氏:なんでこうなるんだろう。
 小沢氏:そうなんだよな、分かんないんだよな。

 疑惑にまみれ日本一国民に嫌われた政治家「小沢一郎」
 法律を熟知し、犯罪すれすれのグレーゾーンを走り続けた政治家「小沢一郎」

 狸が狐につままれたみたいなみっともない猿芝居はやめてほしいものです。尖閣諸島の件や証拠改ざん事件で信頼を失墜させた検察だが、やはり日本が法治国家である以上、道義的な責任や罪で悪人を捕らえるわけにはいかない。

 かりに優秀な検察だったとしたとしても、このような「言った。言ってない。」「指示した。指示していない。」みたいな事件は必ずしも確実な物証や供述がとれるわけじゃない。しかし、それらは法に裁かれないだけで悪事は悪事、犯罪は犯罪です。疑惑をかけられた民主党の石井一議員も当日ゴルフをしていたというアリバイによりたまたま難を逃れただけのことじゃないだろうか。これまでの小沢一郎もおそらくはそうだろうと私は思う。それくらい一部の国会議員は国民から胡散臭く思われているのです。

 検察審査会の判断は限りなく国民世論や心情に近いと思う。外国人参政権しかり、夫婦別姓しかり、小沢一郎をはじめとする民主党議員の行動はあまりにも売国的な要素が多すぎる。政党助成金で土地を買ったとか、買ってないとかいう次元の話じゃなく、これは大きな国民審判だと捉え、国民の不信を買っている現実を謙虚に受け止めたうえで自らの進退を決してほしいものです。


Twitterまとめ投稿 2010/10/05 [つぶやき]


Twitterまとめ投稿 2010/10/06 [つぶやき]


Twitterまとめ投稿 2010/10/08 [つぶやき]


Twitterまとめ投稿 2010/10/11 [つぶやき]

  • motton_linx21motton_linx21なか卯で親子丼セット。店員少ないのに商品出てくるの早い。バックグラウンドはどんなシステムになってるのか。日本の外食サービスは凄い。

Twitterまとめ投稿 2010/10/12 [つぶやき]

  • motton_linx21motton_linx21民主党に渡部恒三というじいさんがいる。彼は日本一空虚で安物の国会議員だ。

東京円、81円台に突入 [NEWS]


 経済っていったい何なんだろう。市場原理主義といわれる自由経済競争のなか、市場原理を無視し、一国の政府の都合で通貨の価値を上げたり下げたりして利益を調整する卑怯な手段がまかり通る恐ろしい世界。難しいことはよくわからないが、自国の負債を他国にまわすだけの愚かな行為だと感じてしまう。こんな不公平な競争ならかつての不平等条約とさして変わらない。自由主義経済といえども、やはり背景にあるのは所詮軍事力ということだ。