So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめての総代会 [仕事・会社・組合]

NEC_0127.jpg私が役員を務める組合は全国に600社近い組合員を擁する大組織です。

近頃は社会システムの変化が特に早いため、敏速に組織としての意思決定を行わなければ、時代に取り残されてしまいます。だからといって総会を開催するにも莫大な費用がかかりますし、600名近い組合員を一度に収容出来る会場を確保することも大変です。そこで本年度からは総会に代わる機関として総代会制をとることになりました。一昨日が第一回目の総代会だったのですが、全国から選挙により選ばれた総代が集まり無事終了しました。

総代会終了後は今年最後の委員会を開催し、忘年会を行いました。

そして、12時前に宿泊先の東京ドームホテルに戻ったのですが、今年もまたLEDの電飾でキレイに飾られていました。

とてもキレイだと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大丈夫か民主党 [そこに正義はあるか]

民主党の政権担当能力を静かに見つめています。

だいたい想像していた通りの結果ですね。

鳩山首相にリーダーシップがあるかどうか、もうほとんどの国民が結論付けている時期だと思います。

まあ、そのような前々からわかりきった話しはどうでもいいとして…

要はかつてイギリスに学んだ議員内閣制における政党政治という政治システムに対し我々国民が選択し国会へと多数送り込んだのは民主党議員だったという覆ることのない事実です。

それぞれがそれぞれの理由で民主党に対し日本の未来を、そして個々の豊かな生活環境の実現を夢見て信託し投票したのでしょう。それ自体は当然の事であり自然な事だと思います。

現在、私が民主党に対しもっともけしからんと思うことは、実現不可能な子ども手当てや暫定税率の廃止など、目の前に偽物の人参をぶら下げ、国民を騙してまで日本という国をある方向へと強引に導こうとしていることです。

オランダ、ポルトガル、イギリス、そしてアメリカ、かつての昔から小国日本はそのときどきの覇権国家と友好、同盟関係を結んできました。そして現在日米同盟解消の危機を迎えています。国家国民の安全保障を蔑ろにし、自衛戦争をも放棄した国を誰が守るのでしょうか。奇しくも前回は日英同盟の破局後太平洋戦争が起こりました。

日本国民にいま一番気付いて欲しいことは、アメリカを捨て中国との同盟関係もしくは従属関係を結ぼうと企んでいるのが小沢一郎に操られた民主党の正体だということです。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

民主党と中国共産党 [そこに正義はあるか]

小沢一郎曰く、この度の訪中は政府間としてではなく、あくまで民主党と中国共産党の政党間交流、草の根交流だという。なるほど、ものは言い様ですね。しかし、お互いが両国を代表する政権与党であり、しかも一方は一党独裁の軍事政権である。草の根交流なら草の根交流でいいが、他国、特にアメリカはどう見るだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

確かな野党 日本共産党 [そこに正義はあるか]

民主党と中国共産党がえらくいい仲になっていますが、
日本共産党のスタンスは一体どうなってるんでしょう。
思想的には連立に加わってもいいと思うんですけどね。
中国共産党から見放されたのか。それとも、見放したのか。
意外と現在の日本の政党の中では一番まともなのかもね。
一年生野党の自民党があまりに不甲斐ないので、
ここは確かな野党日本共産党が腐れ民主党をバッシバシと
攻撃して欲しいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

民主政権 恐怖政治と圧政 [そこに正義はあるか]

これが売国主義民主党の実体です。

民主党は来週来日する中国の国家副主席をもてなすがため急きょ天皇陛下との面会を宮内庁へ要請し強引に取り決めました。小沢一郎という男は自身の野望を達成するためなら平気で中国に媚を売り、天皇陛下をも政治利用するのです。彼にかかれば日本の天皇も鳩山首相と並ぶ手駒のひとつということなんでしょう。

これは本当にまずいことになってきました。
とうとう小沢一郎による日本の赤化、恐怖政治と圧政がはじまりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

羽田空港行きリムジンバスの車中で [そこに正義はあるか]

急用で昨晩から東京へ来ています。先ほど宿泊していたグランドプリンスホテル新高輪をチェックアウトしホテル玄関から羽田空港行きリムジンバスに乗車しました。品川からは京浜急行でも直行できるのですが、リムジンバスは少し高いですけど快適でいいですね。

今回の宿泊もJALのサイトから一泊9800円で当日予約したのですが、なぜかありがたいことにホテル側が部屋をアップグレードしてくれていました。東京のホテルも安く泊まれるようになってありがたいな… と毎回瞬間的に思うのですが、冷静に考えるとまったくありがたいことじゃないんですね。デフレによる物価の下落は国民の所得を減らし雇用をも喪失させてしまっているんですから。先ほども部屋を出たとき「おはようございます」とホテルの清掃員に声をかけられましたが、おそらくは中国人スタッフだったと思います。かつての一流ホテルのバックヤードも現在はこのような状況です。物価と同様労働力さえお金で計られる時代になってしまったのです。本当に寂しいかぎりです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

忘年会 [子供・地域・PTA]

今日は南校区おやじの会の忘年会でした。現在のメンバー数は27名。うち16名の参加でした。ほぼ同世代で同じ年頃の子どもをもつ男親同士で一次会、二次会と楽しく語り合いました。三次会のラーメン屋では酒の入った勢いもあり残った七名で議論がヒートアップ。三時間に及ぶ激論大会になってしまいました。店の店員さんや、他のお客さんには、いい年したおっさんらが何言い争ってんねん。と、いささか滑稽に映ったんじゃないかと思います。大変失礼してしまいました。しかし、皆さん子どもの話題になるとお熱い方ばかりですね。おかげさまでたくさんの凄まじいパワーをいただくことが出来ました。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

卒業式 [仲間・友人・JC]

NEC_0132.jpg今日は梅田のホテル阪急インターナショナルで守口門真青年会議所の卒業式がおこなわれました。今年40歳を迎えた私もJCの慣例により卒業することとなりました。8年間のJCライフは私の人生に大きな影響を与え、価値観や人生観など、それまで私が持っていた様々な観念を変えるきっかけとなりました。良きにつけ悪きにつけ、私のアイデンティティーはJCにより確立に近づいたと言っても過言ではないでしょう。

影響のひとつに「はい、喜んで」というJC独特の精神があります。これは簡単に言うと、嫌なこと、苦手なことでも断らず、快く引き受けることです。このことは一方で安請け合い、無責任と批判されることが多いのも確かですが、果たして本当にそうでしょうか。私はそうは思いません。重要で責任が大きいことほど人は嫌がります。しかし、誰かがやらなければならないことなんです。

私は周りの人から推挙されたり、お願いされた時こそ自分自身にとっての好機であり、それを快く引き受け人の役に立つ事こそが男の役目であると解釈しています。このことから私はこれを信条のひとつとして現在も実践しています。

影響は他にもありますが、とにかく私の人生はJCに入会したことで大きく変わりました。入会して本当によかったと思っています。JCで築き上げたアイデンティティーを核として私の挑戦はまだまだ果てしなく続きます。

ありがとう。

そして、さようならJC。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

宮内庁 羽毛田長官を守れ [そこに正義はあるか]

昨日の夕方、嫁方の実家の用を済ませたあと、一旦自宅へ戻り久しぶりに家族揃っての夕食をとりました。6時のニュースで民主党小沢幹事長の会見が始まったので、先に食事を終えて読書をしていた次男に「ちょっとボリュームあげて」と頼みました。ちょうどその時テレビから「宮内庁羽毛田長官は…」と始まりました。次男は即座に反応し、「羽毛田長官って、ほんまにハゲてるやん。ハハッ」と小さく笑いました。次男のいかにも子供らしい素直な反応に私も思わず笑いそうになりました。

それはさておき、小沢一郎は会見で羽毛田長官に対し辞任要求を突き付けたが、はっきり言って辞めるべきは腐れ外道の小沢一郎本人です。日本の国家国民の尊厳とも言うべき天皇を政治利用。いや個人利用した罪は過去の先人たちに対しても示しがつかない。ましてや日本の国体をも変えようと企む小沢民主党とそれに加担する民主党員は国家反逆罪で全員死刑としてもいいくらいだ。今ならまだ間に合う。次の選挙では巨悪の根源民主党を打ち壊せ。そして、羽毛田長官と日本の正義を守りましょう。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

亡国日本と衰退するJC [そこに正義はあるか]

昨晩名古屋で友人とJCのこと、そして日本国家のことについて話しました。私は現在のJCについて、青年会議所運動が衰退している原因はJCI綱領にあると思うと断言しました。なぜなら現在の日本青年会議所には日本と世界、意の異なる二つの綱領が存在するからです。そもそも日本青年会議所と国際青年会議所はその成り立ちが違います。アメリカはセントルイスのハーキュリアンダンスクラブという社交場から生まれた国際青年会議所、かたや、敗戦により国体の変化をも余儀なくされ、焼け野原となった祖国日本を復興させるために生まれた日本青年会議所。アメリカンスタイルの自己啓発や自己能力向上のためのトレーニングも悪くはないが、敗戦当時、家族や友人を失いながらも、戦争を生き延び祖国復興のために立ち上がった日本各地の青年たちの熱い思いと志を忘れてはならない。話の中で私は日本のためなら命を捨てても構わないと話したが、おそらくは友人も同じ気持ちだろうと思う。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog