So-net無料ブログ作成
検索選択

親を思う子供の気持ち [子供・地域・PTA]


 最近は「いじめ」とひとくくりで呼ばれるが、いつの時代も集団的な虐待行動はあるんだと思う。俺らの時代もやっぱりいじめみたいなものはあった。上級生にいじめられる子は外見的なところから、からかわれるうちにエスカレートしていくことが多かったが、たいした問題じゃなかったように思う。問題なのはいつもクラスを同じくする同級生同士のいじめだ。家が貧乏な子、容姿や性格に特徴がある子、運動神経の悪い子、転校してきた子・・、いじめられる原因は様々だったが、いじめられる子の共通点は気が優しくて、性格のおとなしい子ばかり。一方でいじめる子の共通点は極端に親父が厳しい家庭の子か、極端に過保護な家庭の子で、前者は特に性格がひねくれている奴ばかり。要するにいじめる側の子供を持つ親の問題なんです。

 先生や周りの大人たちに一番わっかって欲しいのは、いじめられている子たちの「親兄弟に迷惑や心配はかけたくない」という正義感と健気な気持ちです。いじめられている子は、とにかくいじめてる奴らの陰湿で執拗ないじめが世界で一番、最強だと錯覚しています。恐怖により思考が麻痺しているんです。そして、本人にとっては親に言っても、先生に言っても、極端に言えば警察に言っても、解決できないと思うくらい複雑で重大な問題なのです。そんな複雑で重大な問題を家庭に持ち帰りたくないから、辛くても一人我慢しています。親や兄弟に危害が及ばないよう一人壁になり戦っています。お父さんお母さん、家に帰れば明るく振舞うそんな健気な子供たちの微弱な電波を拾ってあげてください。

いじめられている子供たちよ、いじめを解決する手段は必ずある。絶対にある。

だから、一人で悩まず相談してくれ。

そして、親兄弟を大切に思うなら、絶対死んだらあかん。

死ぬべきは君をいじめてる奴らとその親です。

それが答えだ。




今回の大津事件、最悪の結果となってしまったが、亡くなった彼は逃げたんじゃない。
決して称賛するわけじゃないが、命を懸けて勇敢に戦ったんや。
これから、すべてがあきらかになっていき、彼の本当の反撃が始まるということをマスコミや
世間の人々はわかっているのか。これから始まる彼の反撃を誰も止めてはいけない。
わかってるんか加害者の親!あんたらの責任や!
 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

ひろ

何年も前から

いじめによる自殺

ってが問題になり
その度に世論が盛り上がり
対策と称する行為は行われたが

なぁ~んも変わって無いって事はつくづく感じた


この事件
周り(地域・企業・政治家)を見ても腐敗臭プンプンしますよ
by ひろ (2012-07-16 21:52) 

sora

ひろさん

やっぱり大事なのは学問じゃなく道徳・倫理の教育やな。

by sora (2012-07-16 23:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。