So-net無料ブログ作成
検索選択

【東日本大震災】たちあがれ本吉 [そこに正義はあるか]

 東日本大震災の被災地のひとつである宮城県南三陸町。なぜか近頃の報道では省略されてしまうが、正式には宮城県本吉郡南三陸町という。「本吉」という地名は平安時代の陽成天皇の第一皇子である元良親王(890年 - 943年)がこの地へ祀られたことに由来しています。

 日本の歴史上登場する「本吉」は鎌倉時代、源義経の首を鎌倉の源頼朝へ届けたといわれる「本吉四郎高衡」、室町時代、南三陸の覇者だった「元良信濃守」、安土桃山時代では志津川城最後の城主「本吉大膳大夫重継」などがいる。その後、1590年の豊臣秀吉軍による奥州仕置によって本吉一族は没落することになるのだが、平成の世の現在まで「本吉」という地名は残ってきた。

 先祖代々「本吉」を名乗る私はもちろんのこと。全国の「本吉」さんにゆかりがあるだろうと思われる「本吉」ルーツの地、宮城県本吉郡。遠く大阪の地からではあるが、心より復興を祈る。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

藤田象観

はじめまして こんにちは 検索でめぐりあいました。よろしくお願いいたします。南三陸の歴史文化を愛する仙台の住人です。
昨年末志津川城に行ってきました。
この地区は復興が遅れていると感じました。震災五年目を迎えるにあたり一日も早い復興を祈っております。

by 藤田象観 (2016-02-13 09:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。